民間車検・特定自主検査工場 ツカサ工業株式会社

各種メーカー指定サービス工場 民間車検・特定自主検査工場
幅広い車種の車検整備に加え建設荷役車両の特定自主検査承ります

車検・整備のご予約、緊急時の対応受付中 0261-22-4570

検査

移動式クレーン定期自主検査

労働安全衛生法やクレーン等安全規則により、クレーンを使用する事業者は毎年の点検(移動式クレーン定期自主検査)が義務付けられています。トラック積載型クレーンも検査の対象です。また、つり上げ荷重3トン以上のクレーンにつきましては、自主検査とは別途、2年に1度の性能検査が義務付けられています。

移動式クレーンの定期自主検査は、「建機工認定検査者」にお任せください!

最近の移動式クレーンは、安全性向上のためのメカトロ化、更には高性能化により構造や装置が複雑化しております。定期自主検査をご用命の際は、各種建機メーカーから最新の技術教育を受け、且つ定期自主検査者規定に基づき運転資格、検査経緯と知識を持った「建機工認定移動式クレーン定期自主検査者」にお任せください。移動式クレーン運転士在籍のため吊り上げ荷重5トン以上のクレーンも対応可能です。

点検項目

労働省公表の「移動式クレーンの自主検査指針」に基づく50余項目の検査を実施します。年次点検時はステッカーの貼付、点検記録簿を発行します。

対応機種

定期自主検査費用 (※下記参考価格となりますので、詳細はお問い合わせください。)

機械等の種類 区分 検査料(税込)
トラック積載型クレーン
<つり上げ荷重3トン未満>
通常料金 ¥19,440
車検とのセット料金
(車検費用は別途)
¥16,200

検査料金、記録表作成、検査済ステッカー込みの価格となっております。
定期自主検査により追加整備が必要となった場合の工賃・部品代は別途ご請求申し上げます。

吊り上げ荷重3トン以上の性能検査受検もお任せ下さい!

つり上げ荷重が3トン以上の移動式クレーンには、車検とは別にクレーン装置部分の性能と安全を確認する性能検査があり、原則として2年に1度、検査を受けなければなりません。

製造検査又は使用検査に合格したつり上げ荷重が3トン以上の移動式クレーンには、有効期間が定められた移動式クレーン検査証が交付されています。有効期間が満了しようとする検査証を更新するためには、性能検査を受検しなければなりません。

ツカサ工業ではこの性能検査をお客様より委任を頂いて、登録性能検査機関である一般社団法人日本クレーン協会の長野検査事務所より検査員にお越し頂き、弊社敷地内で検査を行っています。

性能検査は、クレーン各部分の構造及び機能について点検を行うほか、荷重試験を行います。荷重試験は、クレーンに定格荷重に相当する荷重の荷をつって、つり上げ、旋回等の作動を定格速度により行います。

性能検査と車検の有効期間満了日が近い車両が多いため、下部の車両走行部分の整備を含む車検と合わせて、上部クレーン装置の点検を行い、性能検査受検に備えます。下部も上部も整備できるのがツカサ工業の強みです!

検査でも機械を操作するには資格が必要なので、移動式クレーン運転士による操作に、玉掛作業者が玉掛け作業を行って、安全確実に受検しています。