各種メーカー指定サービス工場 民間車検・特定自主検査工場
幅広い車種の車検整備に加え建設荷役車両の特定自主検査承ります

車検・整備のご予約、緊急時の対応受付中 0261-22-4570

お知らせ

2020年5月11日 06:55

メディア掲載/佐藤社長の特定整備

県内第1号の標識設置(大糸タイムス)

いわゆる自動ブレーキやレーンキープアシストなど、先進運転支援システム(ADAS)が搭載されている車両を整備する為に必要な特定整備制度が、本年4月1日より開始となりました。

北アルプス山麓をエリアとする、地元長野県大町市の大糸タイムス。前回(先進の自動車整備 認証)に引き続き取材をして頂き、令和2年5月9日(土)付にて、掲載していただけました。

既存の「分解整備」に加え「電子制御装置整備」を行うことができる「自動車特定整備事業者」として、今回、判断するための「標識」を掲げたことをお話しさせていただきました。

電子制御装置整備の特定整備対象となる車両の判断が、保安基準の設定状況に応じて必要になるなど、取得後も確実な整備を行うために制度の理解をより深めて、技術力向上をはかってまいります。

※大糸タイムス様より、記事投稿利用許諾を受けております
200511_大糸タイムス掲載.jpg

お知らせ一覧へ戻る