各種メーカー指定サービス工場 民間車検・特定自主検査工場
幅広い車種の車検整備に加え建設荷役車両の特定自主検査承ります

車検・整備のご予約、緊急時の対応受付中 0261-22-4570

お知らせ

2019年11月14日 07:44

社長の継続OSS

大型特殊等三段書きの電子保適

191112_大特.jpgご無沙汰しています。佐藤です。

おかげさまで慌ただしく、元気に過ごしております。かわりにブログの更新が遅れてしまっていて、ごめんなさい。

物腰柔らかく、適度に更新をするべく、リニューアルも検討しています。

さて、久しぶりの国土交通省指定整備工場で必須の継続OSS(車検の継続申請をネットで行うワンストップサービス)です。

この時期に多くご用命をいただく、タイヤ・ドーザ(9ナンバー)とショベル・ローダ(0ナンバー)。

それぞれアタッチメント(バケット、スノウプラウ、除雪用ロータリ、フォークパレット等)を付け替えて使用できる場合、車検証の記載が括弧書きで表され、足りない場合は備考欄に記載されています。

車検証の標準項目へは、3つまで記載する事が可能です。
↓詳しくは、以前のブログをご覧下さい。↓
電子保適の車両情報三段書き対応OK!

このいわゆる三段書き車両に、システム(ソフト)対応が出来ないという問い合わせをなぜか、弊社にいただきます(^◇^;)

ブラウザ型(AIRAS)では、本年4月より対応済み、クラウド型ソフトでは、各社の対応はまちまちです。

この時期に多く入庫する車両にソフトが対応できず、仕方なくブラウザ型を使う、または従来通り紙で発行する、クラウド型から登録しブラウザ型で訂正するなど、対応に追われているとのこと。

クラウドとブラウザの併用は、交付番号も別になるため、管理の手間がかかります。一番は、クラウド型ソフトで対応するのが手間がかかりません。

弊社が活用するディーアイシージャパン株式会社製クラウド型ソフト「OSS&e-HOTEKI」では、制度開始初日(本年4月)より、いわゆる三段書き車両に対応可能となっています。

お知らせ一覧へ戻る