各種メーカー指定サービス工場 民間車検・特定自主検査工場
幅広い車種の車検整備に加え建設荷役車両の特定自主検査承ります

車検・整備のご予約、緊急時の対応受付中 0261-22-4570

お知らせ

2018年5月15日 07:00

佐藤社長ブログ

OBD車検、中間とりまとめ発表

180515_スキャンツール.jpg急速に普及が進む自動ブレーキや自動車線維持機能などの電子制御装置。機能確認の検査手法あり方検討会より、中間とりまとめが発表されました。

「車載式故障診断装置を活用した自動車検査手法のあり方検討会」中間とりまとめの公表について←国土交通省ホームページへリンクします

最近の車両には、電子装置の状態を監視し、故障を記録することができる車載式故障診断装置(OBD:On-board diagnostics)が搭載されています。

スキャンツールと呼ばれる外部診断機を車両へ接続することで、記録された故障コードや車両の状態を把握することが可能です。

具体的には、保安基準不適合となる故障コード(特定DTC)が定められ、車検時にスキャンツールを車両へ接続して「特定DTC」が検出された場合は、検査不合格となります。

運転支援装置(ABS、ESC、自動ブレーキ等)と、自動運転機能(自動車線維持、自動駐車など)、排ガス関係装置が対象装置となり2021年以降の新型乗用車、バス、トラックが対象車両となるようです。

検査開始時期は2024年より予定されていますが、変更があり得るとのことなので、注視が必要です。

日頃、様々な整備で活用しているスキャンツールですが、いよいよ車検時での活用が視野に入ってきます。検査に使用できる法定スキャンツールの仕様も合わせて定められていくことと思いますので、普段使用しているものが対象に入るのかなど、今後も情報収集が必要ですね。

お知らせ一覧へ戻る