民間車検・特定自主検査工場 ツカサ工業株式会社

各種メーカー指定サービス工場 民間車検・特定自主検査工場
幅広い車種の車検整備に加え建設荷役車両の特定自主検査承ります

車検・整備のご予約、緊急時の対応受付中 0261-22-4570

お知らせ

2017年10月11日 08:00

社長の継続OSS

電子保適開始にともなうダンプ自重計適合証に関する取り扱い

171011_電子保適_ダンプ自重計.png車両総重量8トン以上又は、最大積載量5トン以上の大型ダンプ車等(土砂等を運搬する大型自動車)に装着されている自重計は、定期点検を年一回受けなければなりません。そして、その時に不備がなければ発行される自重計技術基準適合証※は、継続検査申請時に運輸支局窓口へ提示が必要となっていました。

※弊社は、長野県計量検定所へ届出を行っている自重計修理事業者です。点検後、自重計技術基準適合証を交付することが可能です。→ダンプ自重計検査


今般、保安基準適合証の電子化にともない、自重計に関する細部取り扱いも変更となっております。

・保適証(紙、電子とも)に「自重計技術基準適合証確認済み」の記載により紙での提示を省略。
・自重計技術基準適合証の提示が無い場合も不受理・不返付の扱いにならない。
・自重計技術基準適合証の提示が無い場合は指導文書が出力され、車検証に添付される。

紙保適の場合、右下余白部分に、「自重計技術基準適合証確認済み」と記載することによって、「原本提示省略」をすることができます。

電子保適の場合は、
保適証サービス(ブラウザ型)→自重計技術基準適合証の確認項目で、有り無しをプルダウンから選択し、有とすることで提示省略となります。
保適証サービス(クラウド型)→弊社で使用している、ディーアイシージャパン株式会社「e-HOTEKI」では、交付画面左中ほどにある自重計の有りにチェックを入れることで、確認済みとしてデータ送信できるようになっています。

電子保適開始にともなって、ダンプ自重計技術基準適合証も窓口提示が省略され、継続検査申請業務の効率化が図られています。


お知らせ一覧へ戻る